【大阪・梅田の格安バーチャルオフィスに潜入!】会議室付の格安住所貸し | 【オフィスサーチ.biz】

【オフィスサーチ.biz】

東京のレンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペースを利用者目線で体験談とともに紹介。オフィス活用コラムも配信中!

【大阪・梅田の格安バーチャルオフィス】最大16名のセミナー利用も可能な会議室付アリ

      2017/10/08

再開発で盛り上がる大阪・梅田エリアに新しく誕生した格安バーチャルオフィス。大阪市北区梅田アドレス

今回は「大阪・梅田のバーチャルオフィス」を取り上げたいと思います。
オフィスは名は「ワンストップビジネスセンター梅田」

大阪・梅田エリアは大阪駅北側で進められている「うめきた2期」の再開発をはじめ、今後更なる発展が期待される街であり、ビジネス観点でも非常に注目されるエリアです。

さて、そんな大阪・梅田エリアのバーチャルオフィスですが、「そもそもバーチャルオフィスって何?」という方もいると思います。

バーチャルオフィスは、これから起業される方や、起業間もない方が直面する「ビジネス上の住所をどうするか」という問題を解決してくるサービスです。

「住所」は登記や名刺、HP等で必要になってきます。ただ、たまに見かけるのが、個人で仕事をされている方などで名刺に住所の記載がなく、またメールアドレスもGmailやYahooメールのようなフリーメールというケース。

もちろんそれでも悪くはありませんが、どこか信頼性に欠ける印象を与えてしまうのも事実です。というのもやはり住所は非常にベーシックな情報であり、その基本情報がないと相手は気持ちのどこかで「どこまで信用していいのか…」というちょっとした躊躇いのようなものを覚えてしまうのかもしれません。

また逆にいうとブランド力のある住所だと、信頼してもらい易くなる側面もあります。要はそれだけ住所が与えるイメージは大きいというわけです。

ちなみに、名刺に住所を記載していない方の中には、「仕事場 =自宅」なのでセキュリティーの観点から結果的に住所(自宅住所)を名刺に書けないという方も結構います。これは当然の気持ちだと思います。

例えばそのような場合に活用できるのが「バーチャルオフィス」です。また、ビジネスモデル的に物理的なオフィスはいらないという方もバーチャルオフィスを利用していたりします。ネットショップ運営の方なども自宅を倉庫として使用しつつビジネスアドレスだけバーチャルオフィスというケースも。

もちろんビジネス規模にもよるのでどういう形態がベストなのかは一概に言えませんが、少なくとも①起業当初でコストを抑えつつ、②自宅住所を公開することなく、③取引先からの信用も得たい、という方には相性の良いサービスと言えそうです。

「大阪市北区梅田」アドレスを自社の住所に

では早速ですが、「バーチャルオフィス」の現地は一体どのようなオフィスになっているのか実際に訪問して見ていきたいと思います。

今回見に行くのは「大阪市北区梅田」のバーチャルオフィスです。

大阪では「北区」「中央区」などはビジネスアドレスとして人気ですが、今回のバーチャルオフィスについては「大阪市北区梅田」ということで仕事で使うアドレスとしては価値ある住所と言えそうです。

地図で現地も確認しておきましょう。

JR「大阪駅」桜橋出口徒歩約6分、阪神「梅田駅」西出口徒歩約4分をはじめ複数の駅と路線が使える交通利便性の高い立地です。

交通アクセスは以下の通り。

—————————————————-

阪神「梅田駅」西出口より 徒歩約4分
地下鉄四つ橋線「西梅田駅」北改札口より 徒歩約4分
JR「大阪駅」 桜橋出口より 徒歩約6分
JR「東西線」「北新地駅」西改札口より 徒歩約6分
地下鉄御堂筋線「梅田駅」南改札口より 徒歩約9分
地下鉄谷町線「東梅田駅」北西改札口より 徒歩約11分
阪急「梅田駅」中央改札口より 徒歩約14分

—————————————————-

現地は、「リッツカールトン大阪ホテル」の横という非常に分かりやすい立地です。

こちらがバーチャルオフィスの「ワンストップビジネスセンター梅田」が入るビル。

1階は「銀座亭」というカレーライス専門店です。お店の横にエントランスがありますので早速中に入ってみましょう。

7階建てのビルです。

バーチャルオフィス内は綺麗にリノベーションされた会議室。セミナー開催も可能な最大収容人数16名の会議室

エレベーターで上に上がって、こちらがバーチャルオフィスの室内です。意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんがバーチャルオフィスは会議室になっているんですね!室内はセミナー風に配置されたデスクとチェアのある空間が広がっていました。

ひとまず3席用デスクが4つ並べられていますが最大収容人数16名の会議室となっています。詳細はこちらのHP内の会議室ページでご確認下さい。

こちらは反対側から撮影したもの。

バーチャルオフィスはこのような感じで「会議室」となっていますが、「ワンストップビジネスセンター」の会員はこの会議室を使うことが可能です。

ちなみにワンストップビジネスセンターは全国25箇所にありますが、どの拠点のバーチャルオフィス会員でも各拠点の会議室を使うことができますから出張の際などは活用できそうです。※拠点一覧はこちら

プランの詳細については後程改めて触れたいと思いますが、バーチャルオフィスなのでベーシックな基本サービスとしては住所貸し(登記やHP・名刺等で利用可能)と郵送物転送があり、その他グレードが上がるに従い、電話番号やFAX番号の付与、秘書代行サービスで代理での電話対応サービスなどがあります。安いプランだと月額4,980円~となっていますが、この一番安いプランでも必要に応じて会議室が利用できます。

会議室内はサービスも充実。WiFiなどのネット環境はもちろん、ドリンク・お菓子なども用意

では引き続き会議室の様子を見ていきましょう。結構設備も充実しており会議室の脇の棚にはなにやらいろいろなアイテムが。

まずはこちら。パソコンが用意されているのでネットが出来ます。また室内にはWiFiが飛んでいるので持ち込みパソコンでネットも可能です。

そしてこちらはCDプレーヤー。バーチャルオフィスを利用される方の中には、講師やコンサルタント系の方も多くいますが、例えば語学レッスンを行っている方などはこのCDプレイヤーで発音練習なども出来るでしょう。また手持ちのCDを持参してBGMとして流すのもアリですね。

またドリンク関係も用意されています。珈琲や紅茶。

そしてミネラルウォーター。

お菓子や飴もありました。会議やセミナーなどでずっと話していると喉が渇いたりしますが、飴やドリンクなどで喉を潤すことも出来ますね!

その他、室内にはこのような洗面所があったり、

傘立てに、

衣類掛けもあります。幅もあるので大人数でも問題なく掛けれそうです。

会議室としてはもちろん、セミナー、カウンセリング、勉強会、説明会、講習会、企業研修、撮影など幅広い用途で使えそうなスペース

「ワンストップビジネスセンター梅田」の会議室ですが、「大阪駅・梅田駅周辺で使い勝手の良さそうなスペースがあれば・・・」というときに活用できそうです。

最大16名まで入れるので会議室としての利用はもちろん、セミナールーム、カウンセリングルーム、試験会場、勉強会、企業研修、撮影スタジオ、ワークショップ、会社説明会、講習会などでも活用できそうです。

正面にはこのような感じで大き目のホワイドボードも設置されています。

マジックのカラーもいくつかあります

ちなみに正面のホワイドボードの位置に立って撮影してみました。セミナー形式の場合は、講師からはこんな感じで見えるわけですね

チェアもお洒落な感じで女性受けも良さそうです。テーブル毎にチェアのデザインも異なります。細かいところへのこだわりが凄い。笑

また後方にはオブザーバー的な感じの席が2つ。

その他、結構いいなと思ったのが窓からの眺望ですが、まずこちらのブラインド、

空けるとこんな感じで豊かな緑が視界に飛び込んできます。

近づいて外をみるとこんな感じ。

これって実はリッツカールトンの緑なんです。ザ・リッツカールトン大阪の隣という立地ならではの贅沢な借景ですね。

会議室の雰囲気はこちらの動画でイメージが掴めるかと思います。

ワンストップビジネスセンター梅田の「バーチャルオフィスプラン」

ここまでは立地やバーチャルオフィス内の会議室について紹介しきましたが、ワンストップビジネスセンター梅田のバーチャルオフィスプランについても見ていきたいと思います。

代表的なプランに以下の3つがあります。

①エコノミープラン

【サービス内容】住所+郵便 ほか
【料金】    月額4,800円

②ビジネスプラン

【サービス内容】住所+郵便+電話転送+共用FAX ほか
【料金】    月額8,900円

③プレミアムプラン

【サービス内容】住所+郵便+電話秘書代行+共用FAX ほか
【料金】    月額14,800円

「①エコノミープラン」はシンプルに「住所」と「郵便転送」をしてくれるサービス。大阪市北区梅田の住所を登記やHP、名刺等で使うことが出来、また郵便物が届けば、自宅等の指定住所に転送してくれます。

「②ビジネスプラン」はエコノミープランに加えて以下の2つのサービスが付加されます。
【電話転送】専用の個別電話番号(06番)を付与、指定の電話番号へ転送
【共用FAX】共通FAX番号(06番)を付与。受信したFAXは3時間以内に指定のメールアドレスに無料転送

こちらのプランは、例えば法人企業や、取引先との関係で06の固定電話やfax番号は必要、という人に向いています。

「③プレミアムプラン」は、ビジネスプランが「電話転送」だったのに対し、「電話秘書代行」なので電話が掛かってきた際は、転送ではなく専門スタッフが電話対応してくれるというものです。

なので電話にそもそも出れない人や、専門スタッフのほうでまずは一時対応してもらいたいといった人には向いているサービスです。また掛かってきた電話内容についてはメールにて即刻報告してくれるので安心です。

その他にも、各プランは、不意な来客時の対応や、既に紹介した会議室の利用もあります。会議室の利用料料金等についてはこちらをご確認下さい。

月額4,800円~というかなりの格安料金なので、固定費を最小限にしつつビジネスを開始したい人には非常に相性の良いサービスです。独立起業するタイミングで利用されることが多いのも納得です。

プランの詳細はこちらから確認して下さい。

まとめ

ということで、今回は大阪・梅田のバーチャルオフィスオフィス「ワンストップビジネスセンター梅田」を取り上げてみました。

冒頭でも触れましたが、ビジネスにおいて「住所」が与えるイメージというのは結構大きいものです。

独立・起業するタイミングなどで、①コストを抑えつつ、②自宅住所を公開することなく、③取引先からの信用も得たいということであればバーチャルオフィスを選択肢のひとつとしてみるのはありだと思いますし、その際には繰り返しになりますが、やはりビジネスアドレスにはこだわったほうが良いと思います。

また業種にもよると思いますが、人と会い、その都度スペースを抑える必要があるような仕事であれば、セキュリティーの観点や予約可否の観点からも毎回カフェというわけにもいかないと思いますので、今回のような立地の良い場所での会議室スペースを活用してみるとよいかと思います。ちなみに同じ大阪エリアの「心斎橋バーチャルオフィス」についても記事にしていますので合わせて確認頂くとよいかと思います。

興味がある人はHPで詳細チェックしてみて下さい。

↓ ↓ ↓
ワンストップビジネスセンター梅田の詳細はこちら

 - バーチャルオフィス, 大阪(梅田・心斎橋)バーチャルオフィス ,

  一緒にこんな記事も読まれています

【大阪・心斎橋の格安バーチャルオフィス】会議室付(1,000円~/h)の格安住所貸し

ハイブランド・百貨店なども集まる「心斎橋」。バーチャルオフィスで住所のブランドイ …

【バーチャルオフィスってどんなサービス?】青山のバーチャルオフィス/住所貸し、登記可、会議室

「バーチャルオフィス」は、仕事用スペースはいらない!住所貸し、登記利用だけでいい …

【名古屋の格安バーチャルオフィス】名古屋市西区名駅を自社アドレスに。会議室付(1,000円~/h)の格安住所貸し

再開発で注目を集める名古屋の格安バーチャルオフィス「ワンストップビジネスセンター …

【札幌の格安バーチャルオフィス】札幌での独立起業・新設拠点の住所・会議室利用に

今回取り上げるのは札幌のバーチャルオフィス「ワンストップビジネスセンター札幌」で …

【バーチャルオフィス活用法】住所貸しや郵便物・電話転送だけじゃない!企業が有効利用する例も

バーチャルオフィス活用法。あなたのニーズを満たしてくれるかも? 「オフィスとして …