LEAGUE(リーグ)銀座のシェア・レンタルオフィスってどんなとこ?カフェや会議室も | 【オフィスサーチ.biz】

【オフィスサーチ.biz】

東京のレンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペースを利用者目線で体験談とともに紹介。オフィス活用コラムも配信中!

銀座のLEAGUE(リーグ)ってどんなとこ?シェアオフィス・サービスオフィス+α

      2016/12/16

>>【1日無料体験で使い勝手を試せる】月額2万円台~の個室レンタルオフィスやコワーキングスペース、駅近一等地、会議室、wifi、フリードリンク完備

旅館をフルリノベーションして生まれた「LEAGUE(リーグ)」。空間提供だけではないシェアオフィス・サービスオフィス

銀座にある「LEAGUE(リーグ)」に行ってきました。

住所は「東京都中央区銀座3-11-3」。銀座三丁目アドレスです。

交通アクセスはこちら。
東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5分
都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2分

銀座エリアもレンタルオフィスがかなり増えてきましたが一風変わったコンセプトのオフィスという感じでしたのでレポートしておきたいと思います。

「LEAGUE(リーグ)」は一般的なオフィス形態としてはシェアオフィス・サービスオフィス(レンタルオフィス)になるかと思いますが、元々は旅館だった建物を一棟丸々フルリノベーションするところから始まっています。

現在のLEAGUE(リーグ)がこちら。

LEAGUE(リーグ)_外観

お洒落なマンションのような雰囲気もある外観ですが建物内はこのようなフロア構成になっています。

LEAGUE(リーグ)_フロア構成※画像:LEAGUE(リーグ)

1Fがフロント・カフェとなっており一般開放されています。そしてそれ以外のフロアがオフィス、及びオフィスに関連する各種スペースとなっています。

オフィスプランとしてはどんなものがある?

LEAGUE(リーグ)のオフィスプランとしては、ワークスタイルに合わせて以下の3つが用意されているようです。
※2015年9月末時点の情報を元に記載

①サービスオフィス

こちらはいわゆる個室タイプのレンタルオフィスです。家具付/家具なしが選べ登記もOKです。

【利用できるサービス】
・契約個室
・ラウンジ(1、2階) 
・有料会議室(6名用/12名用) 
・オープンミーティングスペース(4名用/2時間まで無料)

【料金】
月額255,000円〜(共益費別)

②パーソナルブース

こちらは1〜2名用の固定ブース(3.21〜7.09㎡)席。完全な個室ではなく半個室タイプ。チェア・デスク・収納スペースが付いています。登記OK

【利用できるサービス】
・契約ブース
・ラウンジ(1、2階)
・有料会議室(6名用/12名用)
・オープンミーティングスペース(4名用/2時間まで無料)

【料金】
月額50,000円〜(共益費別)

③ビジネスラウンジ

いわゆるシェアオフィスのようなプランです。1階のカフェ、2階のラウンジを仕事場として使うことが出来ます。料金については曜日関係なく毎日使える「一般会員」に加えて、「土日会員」、「登記会員」が用意されています。

【利用できるサービス】
・ラウンジ(1、2階) 
・有料会議室(4名用/6名用/12名用)

【料金】
1)一般会員 月額(税抜)15,000円
2)土日会員 月額(税抜) 5,000円
3)登記会員 月額(税抜)20,000円

ちなみにサービスオフィスプランと、パーソナルブースプランはオープンミーティングスペースが無料(2時間)で使えますがビジネスラウンジ会員にはそのサービスは付いていません。

サービスオフィスの雰囲気

ではサービスオフィスの雰囲気を見てみましょう。
サービスオフィスは4~9階までですがこちらは「9階」のオフィス。

4人用のデスクがあり、大きな窓が特徴です。
LEAGUE(リーグ)_9階サービスオフィス_1

オフィス内には洗面所と大きな棚。そしてトイレも完備されていました。書類等はこの棚で結構収容できそうです。
LEAGUE(リーグ)_9階サービスオフィス_洗面所、棚

続いて「8階」のサービスオフィス。
こちらも大きな窓が解放感があります。
LEAGUE(リーグ)_8階サービスオフィス_窓側

反対側から撮影。ベランダもあります。
LEAGUE(リーグ)_8階サービスオフィス_全体扉含む

最後に「4階」のサービスオフィス
こちらも方角としては上で紹介した8階と同じになります。階数が違うので窓からの景色が少し変わります。
LEAGUE(リーグ)_4階サービスオフィス_窓側

LEAGUE(リーグ)_4階サービスオフィス_ベランダ側

以上がサービスオフィスです。全体的に白で統一されておりシンプル且つ、お洒落なオフィスを探している人は惹かれそうな印象です。

パーソナルブース(半個室のレンタルオフィス)

そして、パーソナルブースがこのような感じ。見て分かる通り上部と入り口部分が空いている半個室タイプです。登記OK。
LEAGUE(リーグ)_半個室ブース※画像:LEAGUE(リーグ)

ビジネスラウンジ

続いて2階のビジネスラウンジです。
ビジネスラウンジは雰囲気としてはカフェのような感じですが、こちらは1階の誰でも入れるカフェとはまた違うので作業に集中できるエリアという感じでしょうか。1階のカフェ、2階のラウンジでもまた雰囲気も変わりますから気分に合わせて仕事をしてみても良いと思います。

LEAGUE(リーグ)_ビジネスラウンジ_全体

作業効率が落ちてきたなと思った際に作業フロアを変えることで気分も変えられるというのはLEAGUE(リーグ)の特徴の1つだと思います。

LEAGUE(リーグ)_ビジネスラウンジ_テーブル席

会議室

そして会議室。
LEAGUE(リーグ)_会議室

LEAGUE(リーグ)_会議室_地下1階_4人

LEAGUE(リーグ)_会議室_地下1階_4人_真ん中

LEAGUE(リーグ)_会議室_地下1階_広め

会議室も綺麗です。

「会議室」はレンタルオフィスの選定基準一つとして重要視されている方も多いのではないでしょうか。外部の人を呼んでの会議が頻繁にある会社などは料金と会議室のクオリティ・確保のし易さなどが気になったりします。

サービスオフィスとパーソナルブースでの契約であれば、4名用のオープンミーティングスペースが2時間まで無料で使えるのでここはポイントとかと思います。

また1Fのフロントに依頼すればカフェを届けてくれるサービスもあるようです。LEAGUE(リーグ)ではスタッフが必要に応じて入居者同士を繋げることもあるようで、そのようなハブ的な役割も単なるスペース提供に留まらないオフィスといえそうです。入居者同士、あるいは入居者とスタッフの適度な距離感が心地よさそうです。

《合わせて読みたい!銀座周辺のレンタルオフィス特集》

>>銀座のイケてるレンタルオフィスまとめ

>>内幸町のイケてるレンタルオフィスまとめ

>>東京駅近くのイケてるレンタルオフィスまとめ

 - リーグ

  一緒にこんな記事も読まれています

関連記事はありませんでした