【.BASE(ドットベース)虎ノ門が凄い!】体験記公開中!虎ノ門タワーズオフィス19階。賃料情報も | 【オフィスサーチ.biz】

【オフィスサーチ.biz】

東京のレンタルオフィス・コワーキングスペース・シェアオフィス・バーチャルオフィスを紹介。東京で個室・格安・住所登記可の賃貸オフィス

【.BASE(ドットベース)虎ノ門】再開発で盛り上がる虎ノ門エリアに誕生。虎ノ門タワーズオフィス19階が自社オフィスに

      2019/11/08

虎ノ門タワーズオフィス19階。虎ノ門のハイグレードビルに誕生したレンタルオフィス「.BASE(ドットベース)虎ノ門」

今回は虎ノ門に新規OPENしたレンタルオフィスを紹介したいと思います。

オフィス名は「.BASE(ドットベース)虎ノ門」
2019年6月28日オープンのレンタルオフィスです。

.BASE(ドットベース)虎ノ門は再開発で注目を集める「虎ノ門エリア」に位置し、「虎ノ門タワーズオフィス」の19階にあります。

.BASE(ドットベース)虎ノ門

.BASE(ドットベース)虎ノ門コワーキングエリアから東京タワーを眺める

虎ノ門タワーズオフィスは地上23階/地下3階のビルですが「.BASE(ドットベース)虎ノ門」が入る高層フロアからは東京タワーを眺めることも出来ます。

ビルスペックも高く空間的広がりを感じられる2800mmの天井高、安心の新耐震基準(制振構造)です。

虎ノ門タワーズオフィス

.BASE(ドットベース)虎ノ門は虎ノ門タワーズオフィスの19階

.BASE(ドットベース)虎ノ門 最新キャンペーン情報

【特典】
賃料20%OFFキャンペーン

【対象プラン】
.BASE虎ノ門 サービスオフィス(個室)

【お申込期限】
2020年1月31日(金)まで

【ご契約条件】
・2020年2月1日(土)までにご利用開始
・契約期間1年以上の契約に限ります。
※契約開始日から1年未満に解約の場合、違約金(賃料の1ヶ月分)が必要となります。
・月の途中からのご利用開始の場合は日割り計算となります。
・予告なくキャンペーンを終了する場合がございます。

個室サービスオフィスの賃料20%OFFなので金額的インパクトは大きいかと思います。気になる方は以下公式HPよりお問い合わせ下さい。
↓ ↓ ↓
>>期間限定キャンペーンの問い合わせはこちら(公式HPへ)

虎ノ門をはじめとした都心好立地でハイグレードなオフィス環境を求める人に最適なレンタルオフィス

「.BASE(ドットベース)虎ノ門」は都心の一等地に建つハイグレードビルに相応しく高い設備仕様・サービスを提供するレンタルオフィスという印象でした。

都心好立地でハイグレードなオフィス環境を求めている人にとっては満足のいくレンタルオフィスかと思います。

ということで、今回も実際に体験してきましたので早速レポートしたいと思います!

.BASE(ドットベース)虎ノ門の基本データ

まずは基本データから

名称 .BASE(ドットベース)虎ノ門
住所 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス19階
交通 日比谷線「神谷町駅」徒歩5分
南北線「六本木一丁目駅」徒歩6分
銀座線「虎ノ門駅」徒歩10分
南北線・銀座線「溜池山王駅」徒歩7分
プラン 《サービスオフィス》
●プライベート(個室) ※料金は要問合せ
●セミプライベート(半個室)1名部屋100,000円、2名部屋180,000円
●専用デスク 80,000円

《コワーキング》
●フルタイムプラス会員 60,000円
●フルタイム会員 30,000円
●アーリー会員/レイト会員 9,000円
●エンタープライズ会員 1,500円/日額 ※別途法人会員費100,000円/月

営業時間 平日9:00~20:00(受付時間平日9:00~18:00)
※休み:土日祝祭日・年末年始
URL >>ホームページURL
>>資料請求・問い合わせURL

オフィスプランは大きく「サービスオフィス」「コワーキング」の2つに分かれます。

オフィスを選ぶ際に「登記の有無」を気にされる方は多いと思いますが、サービスオフィスは全プラン登記可、コワーキングは「フルタイムプラス会員」のみが登記可能です。

また「コワーキング」は受付そばのオープンスペースを使うことになりますので、そのあたりの使えるスペースも含めて自分に合ったプランを選ぶとよいでしょう。

早速、.BASE(ドットベース)虎ノ門へ。エントランスは大規模タワービルならではの存在感

では早速、「.BASE(ドットベース)虎ノ門」に行ってみたいと思います。

こちらがビルエントランス。ハイグレードビルだけあって存在感あります。

虎ノ門タワーズオフィス

虎ノ門タワーズオフィスのエントランス

エントランスを抜けたロビーも広々としています。エレベーターで「.BASE(ドットベース)虎ノ門」が入る19階まで上がります。

虎ノ門タワーズオフィス

虎ノ門タワーズオフィス

.BASE(ドットベース)虎ノ門は有人受付あり。コンシェルジュが来客対応や郵便物受け取りなど会員をサポート

エレベーターを降りると見えてくるこちらが「.BASE(ドットベース)虎ノ門」の受付です。有人受付のレンタルオフィスになり平日9:00-18:00はコンシェルジュが滞在し来客対応や郵便物受け取りなど日々の会員のサポートをしてくれます。

受付そばにはウェイティングスペースもありますのでゲストはこちらで待機することが可能です。

センスの良さを感じるコワーキングエリアには様々なタイプのデスクやソファ。窓からは東京タワーも

そして受付の先にあるのがお待ちかねの「コワーキングエリア」

.BASE(ドットベース)虎ノ門_コワーキング

広々としたコワーキングエリアにはセンスの良さを感じる様々なタイプのデスクやソファが配置されています。

ゲストを招いての打ち合わせにも重宝しそう

コワーキングエリアは休憩や作業スペースとして使うのはもちろんですが、ゲストを招いての打ち合わせにも重宝しそうです。ちなみにコワーキングエリアの窓からは東京タワーを眺めることも可能です。

来客の際はこんな感じで案内しましょう。

まずはドリンクコーナーで珈琲を用意してあげて、「窓側は景色が良いので、そちらで打ち合わせしましょうか。」なんていいながら、

こちらに案内すればOKです。とりあえずの会話のネタにもなるかと思います(笑)

奥側から撮影。

動画はこちら。受付からコワーキングエリアまでの全体の雰囲気が掴めるかと思います。

>>コワーキングの資料請求・問い合わせはこちら

お洒落なコワーキングエリアが使える「コワーキング会員」のプランについて

以上、紹介したコワーキングエリアが使える「コワーキング会員」の詳細をまとめておきます。

「コワーキング会員」のプラン概要・料金まとめ

フルタイムプラス会員
料金 60,000円/月額
利用時間 営業時間内
登記 可能
フルタイム会員
料金 30,000円/月額
利用時間 営業時間内
登記 不可
アーリー会員/レイト会員
料金 9,000円/月額
利用時間 アーリー:平日9:00~12:00
レイト :平日17:00~20:00
登記 不可
エンタープライズ会員
料金 1,500円/日額
利用時間 平日9:00~17:30
登記 不可
備考 別途、法人会員費100,000円/月額

「登記希望」の方は一番上の「フルタイムプラス会員(月額6万)」が対象になります。登記無しでワークスペースの利用だけでOKということであれば「フルタイム会員(月額3万円)」

その他、午前中もしくは夕方の時間帯で利用できる「アーリー会員/レイト会員(月額9,000円)」もありますが、こちらは近隣在住orお勤めの方などはよいかもしれませんね。

また「エンタープライズ会員(月額10万円+従量課金)」は最近急速に増えつつある企業のサテライトオフィス導入に活用できるかと思います。

フリーアドレス制なのでコワーキング会員はその日の気分に合わせて席を選ぼう!

コワーキングエリアはオープンスペースではありますが、作業向きのデスクもありますし、また紹介したように様々なタイプのデスクやソファがあるのでその日の気分に合わせて席を選ぶと良さそうです。

コワーキングエリアにはフリードリンクや複合機も用意されています。

洋服掛けも

>>コワーキングの資料請求・問い合わせはこちら

“自分専用のデスク” や防音性に優れた “個室” が欲しい人は「サービスオフィス」がおすすめ

続いては「サービスオフィス」を紹介していきましょう。

「コワーキング会員」オープンススペースをフリーアドレス制で利用するの対し、「サービスオフィス会員」自分専用のデスク、もしくは個室を持つ事が出来ます。

料金は「月額80,000円~」と高くはなりますが、全プラン登記可能、且つ全日24時間利用可能になるため、腰を据えてビジネスをしたい方には最適なオフィス形態と言えるでしょう。

ワークスペースの場所も異なりますのでフロアマップで確認しておきましょう。(※クリックで拡大できます)

.BASE(ドットベース)虎ノ門_フロアマップ

周囲と取り囲むように配置された濃いグレー(PRIVATE)が「完全個室」
マップ左側付近に配置されたSEMI PRIVATE BOOTHが「半個室」
同じくマップ左側付近のPRIVATE DESKが「専用デスク」です。

「サービスオフィス」の詳細をまとめておきます。

「サービスオフィス」のプラン概要・料金まとめ

プライベート(完全個室)
料金 ※要問合せ
利用時間 全日24時間(ビル休館日を除く)
登記 可能
セミプライベートブース(半個室)
料金 1人部屋:月額100,000円
2人部屋:月額180,000円
利用時間 全日24時間(ビル休館日を除く)
登記 可能
専用デスク
料金 月額80,000円/席
利用時間 全日24時間(ビル休館日を除く)
登記 可能

では、次にそれぞれのプランを見ていきましょう。

プライベート(個室)※料金は要問合せ

まずは「プライベート(個室)」です。ちなみに家具有、家具無しの両方のタイプが用意されています。

気になる料金は要問合せとなっておりこちらから可能です。

圧巻の眺望が魅力!「角部屋」×「家具有」の個室サービスオフィス

では早速紹介していきたいと思いますが、いきなり凄いのいきます!笑
東京タワービューの角部屋です。

しかも個室内にこんなゆとりのスペースも設けられています。贅沢過ぎる。。

こちらは六本木方面。

デスクは5席用意されており、こちらの4席と、

少し離れて1席。

別角度から撮影

標準ではかなりゆとりの配置になっていますが、入居者側でデスクを追加し利用人数を増やすのはOKです。

グレードの高いオフィス家具が標準装備、キャビネットなど収納関係も充実

「家具付きタイプ」の部屋についてはデスク・チェア・キャネットなどのオフィス家具が標準装備なので自社で用意する必要がなく、すぐにビジネスをスタートすることが可能です。

棚もご覧の通り収納力あります。

デスク側にはサイドキャビネット。

鍵付きで安心です。

チェアは肘掛付き。

動画も載せておきます。部屋のイメージが掴めるかと思います。

「角部屋」×「家具有」の個室サービスオフィスの別バージョン

同じく「角部屋」×「家具有」の別バージョンも紹介しておきましょう。

こちらも天井まで続くダイレクトサッシのおかげで解放感抜群です。

窓からは虎ノ門ヒルズ。再開発で更に進化する虎ノ門を身近に感じられます。日々この景色を見る事でモチベーションも上がると思います。「テンションが上がるかどうか」これって個人的には非常に重要だと思います。

別角度から。こちらも4席+1席という配置です。

独立した1席はL字型デスクとなってり仕事もし易そうです。

プライベート(個室)は全部で「23室」ありますが、角部屋は広め目のスペース設計になっているため、棚も大きいです。

ペーパーレス化している会社も多いと思いますし物理的なスペースとしてはこれだけあれば事足りるのではないでしょうか。

>>資料請求・賃料問い合わせはこちら

コンパクト目のプライベート(個室)

続いてはコンパクト目のプライベート(個室)です。

コンパクトといっても「.BASE(ドットベース)虎ノ門の中では」ということになりますから、一般的に言えば十分な広さがあります。

こちらも家具付きの5名部屋ですね。

奥から撮影。

チェア

動画です。

>>資料請求・賃料問い合わせはこちら

コンパクト目のゆとりのプライベート(個室)。3名用

続いては3名用。こちらもかなりゆとりあります。

奥側から撮影。

棚も用意されています。

ちなみに「.BASE(ドットベース)虎ノ門」のプライベート(個室)の壁にはピクチャーレールもありました。レンタルオフィスではあまり見かけませんが、部屋の雰囲気も良くなると思いますし結構アリな気がします。

動画です。

>>資料請求・賃料問い合わせはこちら

好きなオフィス家具を持ち込める「家具無し個室」

最後に「オフィス家具無し個室」です。こちらはご覧の通りスペースのみの提供になるので、自社でオフィス家具を用意することになります。移転等で利用中のオフィス家具をそのまま持ち込むとか、自前で好きな家具を手配としたいという方は「家具無し部屋」を選択するとよいでしょう。

動画はこちら

>>資料請求・賃料問い合わせはこちら

完全個室のメリットは?

プライベート(個室)のメリットとしては、やはり「完全個室」なので業務に集中でき、また話し声等を外部に聞かれにくいということかと思います。個室の扉はかなり厚みのあるタイプが採用されていました。防音性も高そうです。

>>サービスオフィスの資料請求等はこちら
>>サービスオフィスの詳細はこちら

セミプライベートブース(半個室)※1人部屋10万円、2人部屋18万円

続いてはセミプライベートブースです。

上部が空いたいわゆる「半個室」タイプのお部屋です。防音面では完全個室には劣りますが、その分料金を抑えつつ外部の視線が気にならない個室空間を手にすることが出来ます。

このようなお部屋です。高さ2,200mmのハイパーテーションで仕切れており、「1名部屋」と「2名部屋」の2つが用意されています。

.BASE(ドットベース)虎ノ門_半個室サービスオフィス

.BASE(ドットベース)虎ノ門_半個室サービスオフィス

では早速お部屋の中へ!

「1名用」半個室タイプ

まずは「1名用半個室」です。扉を開けるとこんな感じ。一人で使う分には十分な広さです。

.BASE(ドットベース)虎ノ門_半個室サービスオフィス1名部屋

デスク幅もしっかり取られており書類等を広げてのお仕事も問題無いでしょう。サイドキャビネットも完備されています。

.BASE(ドットベース)虎ノ門_半個室サービスオフィス1名部屋

チェアの後ろのスペースもご覧の通り!ゆとりがありますね。

.BASE(ドットベース)虎ノ門_半個室サービスオフィス1名部屋

ちなみに電子施錠が導入されており、部屋内側のスイッチを押すと自動で扉が閉まるようになっています。毎日の事なので便利そうです。

動画はこちら

「2名用」半個室タイプ

続いて「2名用半個室」

横幅がしっかり取られたタイプのお部屋なので2人で使っても圧迫感は感じなさそうです。1人分のデスク幅もこのような感じで全く問題ありません。

デスク上部には照明も。

部屋の奥側から撮影。

動画です。

>>「半個室プラン」の資料請求はこちら
>>「半個室プラン」の詳細はこちら

「専用デスク」はコストを抑えつつ「固定席」と信頼性の高い「虎ノ門アドレス」を得れるプラン

続いては「専用デスク」。料金は「8万円/席」です。

.BASE(ドットベース)虎ノ門の専用デスク

.BASE(ドットベース)虎ノ門の専用デスク

席数が結構ありますが、この中から希望の1席を自分専用のデスクとして利用可能です。24時間使えて登記可です。ちなみにコワーキングエリアも使えますので気分に合わせてワークスペースを行き来するのもアリですね!

専用デスクはこんな使い方もアリかも!?

例えばコンサル系などで対面打ち合わせが多い方は「専用デスク」を契約しておいて、人と会う時はコワーキングエリアを利用、そして一人でお仕事をするときはマイデスクで、という使い方は良さそうです。

虎ノ門アドレスで登記、且つこのビル&オフィスグレードを使えるのでコスパ観点で考えると結構アリかもしれません。

席はこのような感じ。

チェアは肘掛付き

デスクには社名の掲出も可能です。

「専用デスク」と「半個室」の位置関係はこのようになっています。

レンタルオフィスでは最初はコワーキングや専用デスクからスタートし、その後、半個室、完全個室とステップアップしていくケースも多いので「予算があまりない」という方はまずはここからスタートしてもよいかもしれません。

専用デスクの動画です。

>>「専用デスク」の資料請求はこちら
>>「専用デスク」の詳細はこちら

.BASE(ドットベース)虎ノ門の共有施設

以上一通り、「.BASE(ドットベース)虎ノ門」のオフィスプランについて紹介してきましたが、最後に「共有施設」に触れておきたいと思います。一般のレンタルオフィスではまず見かけないレアな設備もありました。

コワーキングエリア

まずは既に触れましたがコワーキングエリアですね。

.BASE(ドットベース)虎ノ門_コワーキング

その他ワークスペースゾーン

またサービスオフィス会員(専用デスク・半個室・個室)向けのゾーンに配置されてますが、このようなワークスペースもありました。

会議室

会議室は「6名用」と「8名用」の2室。また虎ノ門タワーズオフィスの6階にカンファレンスもあるようなので、そちらを利用することも出来ます。

.BASE(ドットベース)虎ノ門_虎ノ門タワーズオフィス会議室

.BASE(ドットベース)虎ノ門_虎ノ門タワーズオフィス会議室

会議室の動画はこちら

複合機

複合機はコワーキングエリアとサービスオフィスエリアの2ヵ所。

メールボックス

メールボックスは受付近くに設置されていますので出勤前後にチェックするとよいでしょう

ロッカー

ロッカーは大小様々なタイプがありますので必要に応じて活用しましょう。

マルチリラクゼーションスペース

仕事の合間のリフレッシュを目的とした飲食可能なスペースです。18時以降は入居企業主催のイベントスペースとしても使えるそうです。

ライブラリーコーナーもあるため、仕事に疲れたらソファで読書というのもアリですね。いい気分転換になりそうです。見ての通り結構ゆとりがある贅沢なスペースです。

スペース内には喫煙スペースも(電子タバコ用)ありました。

ちなみにドリンクやカップラーメン・スナックなどの軽食の自動販売機もあります。深夜のお仕事で小腹が空いたときなどに重宝しそうですね。マルチリラクゼーションスペースの雰囲気はこちらの動画を参考にして下さい。

ドリンクコーナー

「ドリンクコーナー」はコワーキングエリアとサービスオフィスエリアの2ヵ所。

本格的な珈琲マシンが導入されており種類も豊富です。珈琲が美味しいとそれだけで嬉しいですよね。

ドレッシングルーム

そしてこちらがレアな「ドレッシングルーム」。私も全国各地のシェアオフィスを相当数訪れてますがドレッシングルームは初めてみた気がします。仕事終了後のパーティーや飲み会に向けて衣装替えする人はこちらでどうぞ!

動画です。

共有設備も結構充実していますよね。

「.BASE(ドットベース)虎ノ門」はビルの1フロアを丸々レンタルオフィスにしています。全体の広さがあるので、共有施設のスペースもしっかりと確保されています。これは入居者にとっては嬉しい設計と言えるでしょう。

「.BASE(ドットベース)虎ノ門」のまとめ

以上、今回は虎ノ門に新しく誕生した「.BASE(ドットベース)虎ノ門」を紹介しました。

再開発で注目を集める虎ノ門エリアのハイグレードビルを自社オフィスとすることが出来るレンタルオフィス。コワーキングから個室までプランも豊富なので予算や目的に応じて選択できそうです。

写真や動画でもある程度雰囲気は掴めたかと思いますが実際のデスクやチェアの素材感や使い勝手、全体のオフィスの雰囲気などは内覧の際にチェックしてみて下さい。

内覧、空室・賃料確認等は以下より可能です。

↓ ↓ ↓
>>「.BASE(ドットベース)虎ノ門」の問い合わせはこちら
>>「.BASE(ドットベース)虎ノ門」の詳細はこちら

 - 【六本木のコワーキングスペース!】まとめて今スグ知りたいならココ!, 【六本木のレンタルオフィス・シェアオフィス迷ったらココ!】続々更新中!, 【神谷町のレンタルオフィス・シェアオフィス迷ったらココ!】続々更新中!, 【虎ノ門のコワーキングスペース!】まとめて今スグ知りたいならココ!】, 【虎ノ門のレンタルオフィス・シェアオフィス迷ったらココ!】続々更新中!, ドットベース

  一緒にこんな記事も読まれています

【MoC虎ノ門オフィス】虎ノ門駅徒歩3分の希少立地に誕生。24時間利用可能なレンタルオフィスが月額3万円台~。登記可

虎ノ門のレンタルオフィス「MoC虎ノ門オフィス」。虎ノ門・新橋・霞ヶ関・内幸町の …

リージャス六本木ヒルズの料金は?六本木ヒルズにオフィスを構えることを考えると意外と安い!?

六本木ヒルズのレンタルオフィスの料金は?人気の六本木の中でも最高峰オフィスビルの …

六本木ライブラリーを徹底解剖。これで月額9,500円はコスパ良すぎ!?

六本木ライブラリーはコワーキングスペース?図書館?自習室?月額9500円でいろい …

【リージャス神谷町MTビル】神谷町駅直結、虎ノ門アドレスの個室レンタルオフィス

「リージャス神谷町MTビル」 再開発が進む虎ノ門アドレスで神谷町駅直結のレンタル …

六本木ヒルズから乃木坂駅へは徒歩10分|行き方は?千代田線が使えると便利だよ!

六本木ヒルズから乃木坂駅までの行き方まとめ 六本木ヒルズから乃木坂駅まで行き方が …

【THE CODE新橋】地域最大級の4フロア延300坪/内幸町駅、新橋駅、虎ノ門駅、日比谷駅利用可

THE CODE新橋は再開発で注目を集める虎ノ門エリアでの大型レンタルオフィス …

六本木レンタルオフィス・シェアオフィス
六本木のイケてるレンタルオフィス13選!個室や格安シェアオフィス、登記可など

六本木のレンタルオフィスは利便性に優れ、ランドマークビルへの入居も。料金はやはり …

KIZASU.Office(キザスオフィス)東京タワー近くのレンタルオフィス。御成門駅徒歩2分の好立地。和室やシャワールームも!

KIZASU.Office(キザスオフィス)は御成門駅徒歩2分。新橋駅、大門駅、 …

【リージャス麻布グリーンテラス】南麻布アドレスの高級感漂うレンタルオフィス

リージャスの各センターの中でも高級感はトップクラス!「港区南麻布」アドレスの高級 …

六本木レンタルオフィス・シェアオフィス
【六本木で借りたいコワーキングスペース11選】格安、1日ドロップインも

六本木には格安コワーキングスペースもある!電源・Wifi完備のカフェで仕事よりも …