【サーブコープ池袋サンシャインシティ60の現地レポ!】東京都豊島区レンタルオフィス | 【オフィスサーチ.biz】

【オフィスサーチ.biz】

東京のレンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペースを利用者目線で体験談とともに紹介。オフィス活用コラムも配信中!

【サーブコープ池袋サンシャイン60】池袋のランドマークビル45階に自社オフィス

      2017/07/01

東京、横浜、名古屋、大阪、福岡。主要エリアのランドマークビルに多数展開する「サーブコープ」

今回紹介するのはサーブコープのオフィスです。

サーブコープはオースラリアに本社を置く外資系レンタルオフィス企業で業界最大手の一社です(オーストラリア証券取引所にも上場)。

展開拠点数は、記事執筆時点で世界22カ国53都市150拠点以上。まさにグローバル企業で、その拠点数を活かしたサービスにも人気があります。

日本でも、東京都内、横浜、名古屋、大阪、福岡などの主要都市に合計20拠点以上展開しており、ランドマークビルばかりなので、レンタルオフィスを探されている方であれば「サーブコープ」の名前を見聞きしたことがある人も多いのではないでしょうか。
【参考(各拠点一覧)】東京横浜名古屋大阪福岡

私も当然知っていましたが、実際にオフィスを見るのは今回が初めてです。サーブコープHPで基本的なサービス概要は分かると思いますが、今回はオフィスサーチ.bizのメインコンセプトである「体験記」という切り口で紹介できればと思います。

池袋のランドマークビル「池袋サンシャイン60」の45階にサーブコープのオフィス

今回、訪問したのは「サーブコープ池袋サンシャイン60」

一大複合施設である池袋サンシャインシティの中核をなすオフィスビルであり、池袋のランドマークビルといえば、これです。そして、60階建てという、とんでもない高さの45階にサーブコープのオフィスがあります。

交通アクセス

まずは交通アクセスを確認しておきましょう。

———————————————————

・JR・丸の内線・有楽町線・副都心線・西武線・東武線「池袋」駅東口徒歩8分
・有楽町線「東池袋」駅7番出口直結徒歩3分
・都電荒川線「東池袋4丁目」駅2番出口徒歩3分

———————————————————

メガターミナルの「池袋」駅からオフィスまでは徒歩8分です。

池袋駅はJR、そして東京メトロ丸の内線・有楽町線・副都心線が走っているため、東京都心部・埼玉・北関東方面へのアクセスは抜群です。その他、成田エクスプレスで成田空港まで90分なので、海外出張がある方も安心です。

今回は、JRを使って池袋駅で降りましたが、主要駅なのでさすがに人が多いですね。路線案内を見ても交通アクセスの良さがわかります。

池袋のランドマークだけあって、改札を出るとすぐにサンシャインシティの案内看板を見つけることが出来ました。オフィスへの行きやすさ・分かりやすさは来社する取引先にとってもメリットがあるので良いですね。

地図はこちら。東口出てサンシャインシティ60通りを進めば到着。分かりやすいですね。
出典:サンシャインシティHP

サンシャインシティ60通りに入ると、早速サンシャインシティ60が見えてきました。この日は天気が悪かったのですがそれでも視認性抜群ですぐに分かります。

しばらく進むとサンシャインシティの入口に着きました。

サンシャインの中に入ってからは道なりに進むと「サンシャイン60ビル」の案内図が。

そして「池袋サンシャイン60」に到着。サーブコープが入る45階を目指します。

エレベーターはこのような感じ。ランドマークビルだけあってエレベーターも風格あります。

45階に到着。フロアマップを見ると大きく左右に2つに分かれていますが、サーブコープは右側の緑の部分全てと、真ん中の一部のスペースを使っているため、かなりの広さです。ちなみに右側の緑の部分だけで約1,000㎡という面積ですから相当な広さであることが分かります。

エレベーターを出ると大理石張りの床が見えますのですぐに分かると思います。

こちらがエントランス。大理石がビッシリ敷き詰められ光が反射してます(笑)。大手企業でもここまで豪華なエントランスはなかなかないのでは?と思う程。一方で、この雰囲気はビジネスにおいてプラスにも働くの事実だと思います。掴みはOK!という感じで初めての取引先とも会話が弾みそうです。

受付ラウンジにはソファが置かれているので取引先が来社の際は、こちらで待機して頂くことが可能です。45階なので窓からの眺めも良いです。

サーブコープ池袋サンシャイン60のオフィスプランは「レンタルオフィス」「コワーキング」「貸会議室」

サーブコープ池袋サンシャイン60で用意されているオフィスプランは大きく3つ。「レンタルオフィス」「コワーキング」「貸会議室」です。※一部、女性専用シェアオフィスも用意されています。

サーブコープ自体としては、その他、「バーチャルオフィス」のプランも用意されていますが拠点によって使えるプランが異なっており、サーブコープ池袋サンシャイン60については、「レンタルオフィス」「コワーキング」「貸会議室」が使えるというわけです。

「レンタルオフィス」について

サーブコープ池袋サンシャイン60の「レンタルオフィス」は、3-4名用の部屋が中心で、その他に4-5名用、6-7名用、壁を取っ払い拡張した14-15名用オフィスもあるようです。このあたりは空き状況にもよるので気になる方は問い合わせてみるとよいかと思います。

部屋の雰囲気はこのような感じ。エグゼクティブ感漂うオフィスという感じですね。

座ってみました。ドアまでの距離も結構あり、ゆとりのあるスペース設計です。私も実際に利用してみましたが、防音もしっかりしているためか非常に静かで集中して仕事に取り組めます。また少し疲れたなと思ったら窓からの景色がいい気分転換になります。

デスク棚。鍵もついています。

また収納力のありそうなこのような棚もありました。

窓から見える景色は高層ビルならでは。

部屋のインテリアもお洒落です。

また、こちらは部屋の外から見た写真ですが、擦りガラスになっているため中の様子が見えにくくなっています。人の気配・視線を感じる心配がないので仕事に集中できます。

個室レンタルオフィスの雰囲気はこちらの動画が参考になるかと思います。

「コワーキング」について

ではレンタルオフィスを出てコワーキングスペースに向かってみたいと思います。個室を出て廊下を進みます。廊下も大理石張りで高級感あります。

こちらがコワーキングスペースの入口。コワーキングというとおそらくみなさんが思い浮かべるのは、わりとどこにでもあるようなテーブルと椅子があって、まあ、とりあえず作業できるかな、といった感じではないでしょうか。ただサーブコープのコワーキングはそれとは全く違うものでした。

こちらがコワーキングのエントランス。

中に入ると広々とした空間が広がります。

海外映画にでも出てきそうな雰囲気のワークスペース。高級感のある肘掛のチェア、そして間仕切りの高さも頭以上で隣の人を気にすることなく作業できます。

間仕切りの背が高いとこのような感じで自分だけの空間になるので、仕事をする際の集中度が違います。

また気分を変えて仕事をしたい際は、このようなオープンな空間も。テーブルも広いのでA3サイズの資料も問題なく広げられそうです。

その他、コワーキングスペース内には、このような休憩スペースも。ロッカーも完備されているので普段よく使う資料などをお持ちで、持ち運びが面倒という方はこちらのロッカーを活用してみてると良さそうです。

サーブコープの秘書サービス

またサーブコープの特長として、単なるオフィススペースの貸し出しだけではなく秘書サービスがあります。先程のブース席に秘書サービスの内容、そして担当秘書のスキルプロフィールが置いてありましたのでそちらより抜粋すると、

秘書サービス一例

・ファイリングや事務のサポート
・顧客情報一覧のデータ作成や管理
・経費の管理やアシスト
・パワーポイント資料の作成
・ケータリングやイベントの手配
・プロモーションや宣伝材料のデザインサポート
・見積書の提示からプリントまでの手配
・市場調査
・出張手配
・テレアポ・お問い合わせ業務
・PC及びソフトウェア操作のトレーニング
・スケジュールの調整・管理
・銀行関連の手配
・動画データ制作・編集

また秘書のソフトウェアスキルとして、Microsoft Word、Execl、PowerPoint、Outlook、オンライン会計ソフトFreee。
そのほかに秘書検定2級、TOEIC(895点)などと書かれてあります。

かなり多岐に渡るサービスですが、これらの秘書サービスは、レンタルオフィス会員だけではなく、コワーキング会員も使うことが可能です。

また10分単位で利用できるので無駄がありません。30分単位や1時間単位だと、この仕事は切りよく1時間で終わるだろうか、などと依頼する内容を精査したりして、どうしても余計な頭を使う必要が出てきますが、そういうのがないのが良いですね。

特に個人で事業をしている方、また数名~10名ぐらいまでの少数精鋭企業などはアシスタントを雇う程の余力はないが、かといって、日常業務で出てくる付随的なタスクをなんとかアウトソーシングできないか、という悩みは尽きないと思います。そのようなときに、必要な時に、必要な分だけ秘書サービスを使えるというのは頼もしいでしょうし、非常に効率的な気がします。

コワーキングのプラン

ちなみに、この豪華なコワーキングですが以下の2つのプランが用意されています。

———————————————————-
①フリーデスク 月額料金30,000円 ※入会金8,000円
⇒ 空いている席を自由に使うことが可能

②固定デスク 月額料金40,000円 ※入会金15,000円
⇒ 自分専用の席を確保することが可能。24時間365日利用可
———————————————————-

また無料特典として以下のようなサービスを使うことが出来るクーポン券も付与されるようです。

・世界中の拠点を対象としたフリーアドレスのデスクスペース利用
・プリンタ出力
・バイリンガル秘書サービス

プランによって付与されるクーポン数なども異なるようですので詳細はHPにて確認してみて下さい。

コワーキングプランについては、月額30,000円~の料金で池袋サンシャインシティ60上質なワークスペースが利用できるのでコスパが良いサービスといえそうです。

ちなみに、オフィスサーチ.bizの読者特典も頂きました!

【オフィスサーチ.biz読者特典】
———————————————————-
入会金最大15,000円がオフィスサーチbiz読者であれば0円

コワーキングプランの初期費用である、以下が無料となります。

【フリーデスク】 8,000円
【固定デスク】 15,000円

※問い合わせフォーム備考欄に「オフィスサーチ.bizを見て」と記入下さい。
———————————————————-

入会金無料により初期コストを抑えられるかと思います。気になる方は是非チェックしてみて下さい。

↓ ↓ ↓
>>サーブコープ池袋サンシャインシティ60のコワーキングプラン公式HP

共有施設をチェック

続いて、サーブコープ池袋サンシャインシティ60の共有施設を見ていきたいと思います。

会議室

まずは会議室です。こちらは4名用会議室。ホワイドボードもあります。

動画はこちら。

そしてこちらが役員会議室。かなり豪華です。

動画こちら。

カフェエリア

続いてカフェエリアです。見ての通りこちらも豪華です。

本格的な珈琲も自由に飲むことが出来ます。

こちらの珈琲マシンではエスプレッソやカプチーノなども飲むことが出来ます。

紅茶や日本茶なども。

そして驚いたのがこちら!アルコールまで用意されています。

冷蔵庫にはコーラ、リポビタンD、ビール、そしてシャンパンまで!社内や取引先との軽い打ち上げや、遅い時間帯での作業でアルコールを入れたほうが仕事が捗るという場合などは使えそうですね。

利用したら会社名、商品名などをこちらに記入します。

カフェエリアの雰囲気はこちらの動画を参考にして下さい。

複合機・シュレッダー

もちろん複合機やシュレッダーも完備。

その他、廊下などもこのような感じで一貫して高級感のある仕上げになっています。

まとめ

池袋のランドマークである一大複合施設「池袋サンシャインシティ」。

そして、その中核をなすオフィスビル「池袋サンシャインシティ60」。その45階にオフィスを構えられるというステータスは相当なものだと思います。このクラスのビルになると普通に借りるのはなかなかハードルが高いですが、レンタルオフィスという仕組みを使えばコストを抑えながら賢くオフィスを構えられます

レンタルオフィスもいろいろなタイプがありますが、都心部のアクセスの良い立地でオフィスグレードも求める方にはとっては検討候補になるオフィスかと思います。

個室のレンタルオフィスは自社だけの空間なので2~10名前後ぐらいの会社でしっかりとした専有空間を確保したいという方には向いているでしょうし、一方、一人で事業をされている方などはコワーキングは相性が良さそうです。月額料金30,000円~という安さで、あの豪華なワークスペースを利用できるのでコスパを求める方には最適です。

↓ ↓ ↓

>>サーブコープ池袋の「コワーキング」はこちら
※備考欄に「オフィスサーチ.bizを見て」で入会金15,000円⇒0円

>>サーブコープ池袋の「レンタルオフィス」はこちら

 - サーブコープ, 池袋

  一緒にこんな記事も読まれています

池袋のイケてるレンタルオフィス8選!格安シェアオフィスや料金も!

池袋のイケてるレンタルオフィス6選!格安シェアオフィスや料金も! 池袋は、新宿や …

【MCオフィス池袋西口】池袋駅徒歩7分、完全個室4万円台~、無料会議室完備

レンタルオフィスが少ない希少な池袋西口エリア。完全個室は4万円台~、固定ブース席 …

サーブコープが六本木に進出。ミッドタウン正面「トライセブンロッポンギ」8階にレンタルオフィス

東京ミッドタウンの正面「トライセブンロッポンギ」にサーブコープのレンタルオフィス …