池袋コワーキングスペース

【co-ba ikebukuro】人と空間、どちらも心地よいコワーキングスペース。JR池袋駅徒歩5分、東京メトロ池袋駅徒歩1分

「co-ba ikebukuro」はメガターミナル池袋駅を日常使いできるコワーキングスペース。月額11,000円~という安価な料金も魅力!24時間365日利用可能なプランも

今回は日本全国に拠点があり、利便性も増している「co-ba」のオフィスに行ってきました。

体験したのは池袋のコワーキングスペース「co-ba ikebukuro」
※HPはこちら

コワーキングスペースと一口に言っても様々なオフィスプランがありますが、co-ba ikebukuroに関しては、「個室」タイプは無く、一つの広い空間に用意された席を自由に使うことができる「フリーアドレス型」のオフィスとなります

個室に比べて、フリーアドレス型は料金が安いため、コストを抑えてワークスペースを確保したい人には相性の良いオフィスプランです。

実際、co-ba ikebukuroはJR池袋駅徒歩5分、東京メトロ池袋駅徒歩1分という駅近立地にも関わらず月額会員の料金は「11,000円~」という安さです。

この立地で、この料金なのでコスパ重視の方は是非検討したいコワーキングスペースになりそうです。詳細についてはこちらの公式HPを確認してみてください。

ドロップインであれば僅か1,650円で利用可能。今日/明日使うワークスペースとして寄ってみるのもアリかも!

また「ドロップイン」も用意されており、僅か「1,650円」で用出来ます。
※平日10:00~18:00(曜日により変動あり)

なので、例えば、「今日、池袋で作業できるワークスペースないかな」という時にサクっと寄ってみるのも良いかもしれません。また月額会員を検討している人で、まずは使い勝手を試してみたい!という人にもピッタリです。

今回のco-ba ikebukuroを実際に使ってみて感じたのは「人と空間の心地よさ」でした。

では早速、co-ba ikebukuroの現地オフィスを紹介していきたいと思います。
※co-ba ikebukuroのプラン概要・問い合わせ・内覧予約等はこちら

co-ba ikebukuroの住所/交通/プラン/料金など

まずはco-ba ikebukuroの料金等の基本データを確認しておきましょう。

名称 co-ba ikebukuro
住所 東京都豊島区西池袋3-29-3 梅本ビル4D
交通 JR「池袋」駅 徒歩5分
東京メトロ「池袋」駅徒歩1分
プラン
料金例
●ローカル会員   13,200円/月(24時間365日利用可能)
●オフピーク会員  11,000円/月(平日18時~翌12:00、土日祝24時間)
●1dayドロップイン 1,650円/日(平日10:00~18:00 ※曜日による)
オプション 住所利用・登記 5,500円/月
ロッカー    1,650円/月
モニター置き場 3,300円/月

地図はこちら。

JR池袋駅徒歩5分も便利ですが、東京メトロ池袋駅からは徒歩1分なので、雨の日の移動ストレスも軽減されるでしょう

使える路線を見てもオフィスへの通い易さは抜群です。JR・丸ノ内線・有楽町線・副都心線・東武・西武鉄道が走っている東京を代表するメガターミナル「池袋」駅をこの近さで普段使い出来るので本当に便利です。

※co-ba ikebukuroの概要・問い合わせ・内覧予約等はこちら

早速、co-ba ikebukuroへ!

では、co-ba ikebukuroに行ってみたいと思います。

ビルのエレベーターでco-ba ikebukuroがある4階まで上がります。

こちらがco-ba ikebukuroの入口。

中に入ってまず目に留まるのはco-baのロゴ。こちらにはco-ba ikebukuroのスタッフが滞在します。

そして、オフィス内を見渡してみると、居心地の良さそうな空間が広がっていました。

席も様々なタイプが用意されており、室内の真ん中あたりにはカフェにありそうな大き目のテーブル席や、

丸テーブルに、

横長のテーブル席。

机幅も結構あるので、快適に仕事が出来そうです。

また奥にはミーティングスペースもありました。

ビジネスで必要なオフィスアイテムもしっかり完備

普段の仕事で必要になるオフィスアイテムもしっかりと完備されています。

複合機。

シュレッダー。

ホッチキスに電卓、ペン、クリップ、テープ、その他いろいろと。これなら提案資料の作成も余裕で出来ますね。

またオプションで「ロッカー」も利用可能です。普段、よく使うアイテムがあるのであれば、毎回持参するのも面倒なのでロッカーを借りて、そこに入れて置くことをおすすめします。co-ba ikebukuroに関しては、ロッカー利用は僅か月額1,650円であり、1日に均すと僅か50円ぐらいです。この僅かな投資でビジネス効率が上がるのであれば、利用価値は十分にあるかと思います。

衣類掛け。

そして最近、利用されている方もいるかと思いますがクラウド名刺「エイト」の「どこでもスキャン」もありました。名刺はついつい溜まってしまいますが、この「どこでもスキャン」があれば一気に名刺を取り込めるので便利です。

ほっと一息つけるフリードリンクや食事の際に使える電子レンジ、冷蔵庫なども

仕事をする上で、あると嬉しいフリードリンクもちゃんと完備されています。

また電子レンジも。お弁当持参の方をはじめ、人によっては重宝しそうです。

冷蔵庫もありました。

「co-ba ikebukuro」のオフィスプランはローカル、オフピーク、1dayドロップインの3つ

ではco-ba ikebukuroのオフィスプランを確認しておきましょう。

オフィスプランは以下の3つです。

①ローカル/月額料金13,200円・24時間利用OK

「ローカル」は一番ベーシック、且つ利用者が多いプランでco-ba ikebukuroを24時間365日いつでも使えます。

既に触れた通り、交通利便性抜群の池袋駅近くのコワーキングスペースなので、自宅から池袋へ通い易い方には最適かと思います。また、例えば、ビジネスマンの立ち寄り作業スペースや、自宅でもオフィスでもない自分の時間を持つためのサードプレイスとして使うのもよいかもしれません。

コワーキングスペースは利用時間に制限がある場合も多いですが、ローカル会員は24時間利用可能なので、好きな時間に入退室して、思う存分、仕事が出来るのは良いですね。

②オフピーク会員/月額料金11,000円・平日18時~翌12:00、土日祝24時間

オフピーク会員は平日18時~翌12:00、土日祝24時間です。

平日午前中と夜、そして土日だけ使えればよい、という人向けですね。池袋勤務のビジネスマンや起業準備中の方、その他、学生さん自習室的な使い方としても良さそうです。

③1dayドロップイン/1日1,650円・平日10:00~18:00(曜日により変動あり)

1dayドロップインは、1日だけ利用できるプランです。使える時間は平日10:00~18:00(曜日により変動あり)。

1日使えて1,650円はかなりリーズナブルではないでしょうか。この金額であれば、その辺のカフェでドリンク数杯頼んで、店員の視線を気にしながら長居するより、断然良いでしょう。また、通常プランに加入する前の事前確認としての1日体験もアリですね。

co-ba ikebukuroのプラン詳細や問い合わせ/内覧予約等についてはこちらから確認可能です。

co-ba ikebukuroまとめ。実際に使ってみて感じたこと

co-ba ikebukuroを一言で表すなら「人と空間、どちらも心地よいコワーキングスペース」という感じかなと思います。

今回、私は早朝から使っていたのですが、オフィスに人が入ってくると「おはようございます」と自然な声掛けがありました。やっぱりこういうのって気持ちいいですよね。

co-ba ikebukuroでは定期的に交流会が開かれ、会員同士のハブにもなるコミュニティーマネージャーも勤務しているため、会員同士、あるいは会員とスタッフの距離はとても近く、みんな仲が良いようです。

今回、co-ba ikebukuroオーナーである前原さんともお話しさせて頂きましたが、前原さんは池袋で生まれ育ち、池袋のまちづくりにも取り組んでいる方です。地域の企業・学校・商店街、金融機関などとのネットワークもお持ちなので、いろいろと話してみると新たなヒントやキッカケが生まれるかもしれません。

co-baらしさを感じる会員ひとりひとりに用意された本棚。本棚だが、単なる本棚ではない。コミュニケーションが生まれるツールとしての役割も!?

また、co-baらしさを感じるのがこちらの本棚。実は会員の方に無料で提供されるスペースだそうです。こちらに置く事ができるのは本のみ!本は趣味嗜好が出る部分なので、置かれている本をキッカケに会話も生まれそうです。会員同士でビジネスが生まれたりすることもあるそうです。

コワーキングスペース内の雰囲気は、デスクや床などに木を採用していることもあり、自然体でリラックスできるような空間という感じです。

いい意味で、過度に恰好をつけていないので、マイペースで仕事するにはもってこいのワークスペースという感じです。

既に紹介したようにデスクのタイプもいろいろとあり、またデスク幅もゆとりがあるので、のびのびと仕事が出きます。

気にある方はまずは1日1,650円で気軽に使える1dayドロップインから初めてみてもよいかもしれません。

co-ba ikebukuroの詳細については以下の公式HPから確認して下さい。

↓ ↓ ↓
>>co-ba ikebukuroの詳細、内覧予約はこちら

-池袋コワーキングスペース