池袋コワーキングスペース

池袋のコワーキングスペース8選。個室や格安でドロップインできるオフィスも紹介!

この記事では池袋のコワーキングスペースを解説付きで紹介していきます。

全国300以上のコワーキングスペースやシェアオフィスに実際に足を運び利用した経験から、みなさんの池袋のコワーキングスペース選びの参考になれば幸いです。

個室をお探しの人や、ドロップインで数時間だけ利用したい人にも参考になる記事になりますので、是非、自分に合ったオフィスを見つけて利用してみてください!

目次

池袋のコワーキングスペースでよくある3つのプランまとめ

まずは池袋のコワーキングスペースで用意されているプランを確認しておきましょう。

月額制で「個室」が使えるプラン※価格は高め(1名用個室で月額3-4万円前後~)

「個室」プランでは壁で仕切られた自分(自社)専用の部屋を利用できます。プライバシー性が高く、人目を気にせずに集中して仕事がしたい人にピッタリです。個室には完全個室と半個室(ブース)タイプがあります。完全個室は部屋全体が壁で覆われているのに対し、半個室(ブース)は上部に壁がありません。防音面では完全個室が優れていますので、たとえばWEB会議や電話が多いお仕事の方や、周囲の音が気になる人などは完全個室がおすすめです。個室タイプは、フリースペース利用のプランに比べると賃料は高めになり、池袋の個室コワーキングスペースで3-4万円前後~が目安です。

月額制で「オープンスペース」が利用できるプラン ※賃料は安め(月額1-2万円程度)

オープンスペース利用プランは一つの空間にさまざまなタイプのデスクが並べられており、空いている席を自由に使えます(フリーアドレス型)。コワーキングスペースによっては混んでいる時間帯があるため注意が必要ですが、格安の料金でワークスペースを確保できるメリットがあります。そのためコストを抑えたい人には向いています。また、全日利用、土日祝だけ、朝と夕方だけなど、利用できる時間帯によってプランが分かられているケースもあります。たとえば、起業準備中で週末だけワークスペースが欲しいという人などには土日祝プランを選択すれば、格安の料金で使えます。

ドロップインによる都度払い利用 ※1時間〇〇円、1日〇〇円のような時間貸しタイプ

ドロップインは都度払いなので、たまに利用したい人や、月額制プランで契約する前のお試し利用などに向いています池袋のコワーキングスペースのドロップイン相場としては1時間500円前後、1日1,500~2,000円程です。

池袋のコワーキングスペースを一覧紹介!

では、ここからは池袋のコワーキングスペースを実際に紹介していきます。

料金や個室、ドロップイン情報なども含めてチェックしてみてください。

リージャス池袋ビジネスセンター

リージャス池袋ビジネスセンターはコワーキングスペースを探しはじめた方なら、一度は見聞きしたことがあるかもしれませんが、世界最大のオフィスプロバイダーです。なんと世界120カ国に3,300拠点以上展開しており、日本にも170拠点以上。

そしてリージャスが展開する池袋のオフィスが「リージャス池袋ビジネスセンター」
リージャス池袋の詳細はこちら

池袋駅の新たなシンボルタワーであるダイヤゲート池袋にあります。池袋駅目の前に位置する一等地であり、交通アクセスは池袋駅徒歩1分。

リージャスのコワーキングスペースは広々とした空間で快適に仕事ができます。住所利用/法人登記可能なプランもあるため、自分にマッチした内容にカスタマイズが可能。

また大手ならではのサービスとして他拠点の無料利用も。これはリージャスが展開する世界各国のラウンジを自由に使えるものです。例えば大阪や福岡、海外に出張した時はもちろん、都内で客先に訪問したあとに近くのリージャスラウンジで少し仕事をして帰る、ということも可能になります。

リージャスは東京都内だけでも80拠点もオフィスがあるため、あちこちにサテライトオフィスを持つような感覚に近いかもしれません。気になる方は問い合わせてみては?
リージャスのお問い合わせ・最新キャンペーン情報はこちら

【住所】 東京都豊島区南池袋1-21-23 ダイヤゲート池袋

【交通】
西武池袋線「池袋」駅 西武南口から徒歩1分
JR・東武東上線・東京メトロ副都心線、有楽町線、丸ノ内線「池袋」駅 東口より徒歩3分

【オフィスプランと料金一例】
・コワーキング          月額料金は問い合わせ要

リージャス池袋の詳細はこちら

リージャスのお問い合わせ・最新キャンペーン情報はこちら

リージャスのコワーキングスペースの詳細はこちら

THE HUB 池袋 SOUTH

「THE HUB 池袋 SOUTH」は、JR・西武池袋・地下鉄各線「池袋駅」から徒歩1分のコワーキングスペース

個室が使えるプランなども用意されていますが、安く作業スペースを確保するのであれば、コワーキングスペースのプランが合ってきます。賃料は月額11,000円。池袋駅徒歩1分の立地を考えてるとかなり安いですね。お洒落で集中できるラウンジを7時~23時でたっぷりと利用できます。

ラウンジは2つのエリアに分かれており、目的に合わせて最適なスペースを選択可能です。①仕事に集中したい方向けのサイレントエリア、②通話・会話が可能なエリアでWEB会議などにも対応。個室の会議室も完備されているため、聞かれたく打ち合わせのときは活用してみましょう。

オプションで法人登記も可能なので本格的なオフィスとしても機能します。池袋はJR山手線ほか複数路線が乗り入れる東京のメガターミナルです。池袋駅徒歩1分の軽快さはビジネスを飛躍させるキッカケにもなるでしょう。

気になる方は内覧予約や問い合わせで詳細を確認してみてください。

池袋レンタルオフィス,シェアオフィス_THE HUB 池袋 SOUTH
池袋コワーキングスペース_THE HUB池袋SOUTH
池袋レンタルオフィス,シェアオフィス_THE HUB 池袋 SOUTH
池袋レンタルオフィス,シェアオフィス_THE HUB 池袋 SOUTH
名称THE HUB 池袋 SOUTH
住所東京都豊島区南池袋1-21-5 第7野萩ビルB1F
交通JR・西武池袋・地下鉄各線「池袋駅」より徒歩1分
プラン
料金例
コワーキングスペース 11,000円
※住所利用・法人登記・社名表示(要オプション加入)、ビジネスラウンジ、
会議室利用(有料)、フリードリンク

>>THE HUB 池袋 SOUTHの詳細はこちら

>>THE HUB 池袋 SOUTHの内覧予約/問い合わせはこちら

co-ba ikebukuro

co-ba ikebukuroは日本全国に拠点を拡大させているco-baの「池袋」オフィスです。

co-ba ikebukuroはフリーアドレス型のコワーキングスペースで「月額11,000円~」という安価な料金で、池袋にワークスペースを持つことが可能です。オプションで登記もOK

「池袋」駅は、JR・丸ノ内線・有楽町線・副都心線・東武・西武鉄道が走っている日本屈指のメガターミナルですが、そんな池袋駅からオフィスまでのアクセスの良さは抜群!なんと、JR「池袋」駅徒歩5分、東京メトロ「池袋」駅徒歩1分という近さです。

co-ba ikebukuroを一言でいうならば「人と空間、どちらも心地よいコワーキングスペース」。会員同士や、会員とスタッフの距離も近く、挨拶も自然と行われます。

コワーキングスペース内の雰囲気は、デスクや床などに木を採用していることもあり、自然体でリラックスできる空間という感じ。いい意味で、過度に恰好つけていないので、マイペースで仕事をするにはピッタリのワークスペースと言えるでしょう。

オフィスプランは3つあります。

①24時間365日、いつでも利用可能な「ローカル会員(13,200円/月)」、②平日18時~翌12:00、土日祝24時間で使える「オフピーク会員(11,000円/月)」、③1日使える「1dayドロップ会員(1,650円/日)」です。

使い勝手の良いワークスペースと、リーズナブルな価格設定なのでコスパ重視の方は是非チェックしておきたいコワーキングスペースです

※このオフィスは実際に利用した体験記を掲載中です。体験記は以下より
↓ ↓ ↓
>>co-ba ikebukuroの体験記を読む

名称co-ba ikebukuro
住所東京都豊島区西池袋3-29-3 梅本ビル4D
交通JR「池袋」駅 徒歩5分
東京メトロ「池袋」駅徒歩1分
プラン
料金例
●ローカル会員   13,200円/月(24時間365日利用可能)
●オフピーク会員  11,000円/月(平日18時~翌12:00、土日祝24時間)
●1dayドロップイン 1,650円/日(平日10:00~18:00 ※曜日による)
オプション住所利用・登記 5,500円/月
ロッカー    1,650円/月
モニター置き場 3,300円/月

>>co-ba ikebukuroの公式HPはこちら

>>co-ba ikebukuroの体験記はこちら(実際に利用した体験レポ!)

MID POINT大塚(ミッドポイント大塚)※池袋駅から1駅。山手線内側オフィス

「MID POINT大塚」は「職住近接」がテーマのレンタルオフィス/コワーキングスペース。
袋駅からは一駅の「大塚駅」近くのレンタルオフィスです。

プランは1~5名用個室オフィス(月額利用料2万円台~)コワーキング(月額利用料7,000円)で全72区画です。

5~7階がオフィス、8階がラウンジ・コワーキングという4フロア構成。

MID POINT大塚ならではのサービスとして入居者同士を繋ぎコミュニティ形成を支援するコミュニティーマネージャーが常駐。更にコミュニケーションのキッカケとなるラウンジにはキッチン&バーカウンター、食器・調理器具も常備されています。

人脈形成などの「ワークスペース+α」を求める人には相性が良さそうなレンタルオフィスです。

また眺望の良さも魅力で最上階ラウンジからの景色はいい気分転換になりそう。個室オフィスも解放感のある窓付き部屋が多いので内覧の際にチェックしてみては?

2019年12月OPEN!キャンペーンも実施されているようなので気になる方は早めに問い合わせておくとよいでしょう。

※このオフィスは実際に利用した体験記を掲載中です。体験記は以下より
↓ ↓ ↓
>>MID POINT大塚(ミッドポイント大塚)の体験記を読む

名称MID POINT大塚(ミッドポイント大塚)
住所東京都豊島区南大塚2-38-1 リードシー大塚ビル5~8階
交通JR山手線「大塚」駅徒歩5分
丸ノ内線「新大塚」駅徒歩6分
プラン
料金例
●コワーキング7,000円 共益費10,000円
●1名用個室(欄間オープン)27,000円 共益費15,000円
●1名用個室35,000円~ 共益費15,000円
●2名用個室64,000円~ 共益費25,000円
●3名用個室84,000円~ 共益費35,000円
●4名用個室119,000円~ 共益費45,000円
●5名用個室134,000円~ 共益費55,000円
※最新の空室・料金情報は公式HPで要確認

>>MID POINT大塚の公式HPはこちら

>>MID POINT大塚のお問い合わせ/内覧予約はこちら

>>MID POINT大塚の体験記はこちら(実際に体験した詳細レポ!)

Open Office FOREST(オープンオフィス フォレスト)

池袋駅から少し歩きますが、入ってしまえばとても居心地のよいコワーキングスペースです。明るいウッド調でまとめられた空間は、やわらかい感じ。さまざまなデザインの椅子によって彩りが添えられ、気分が揚がります。

仲間と交流しながら仕事できるのがコワーキングスペースの1つの特徴ですが、Open Office FORESTは1人で集中して作業したい人にもおすすめ。というのも、席と席の間がけっこう離れている設計ですし、仕切りのある席もあるので、その気になれば1人で静かに仕事に没頭することができるのです。資料がたくさん広げる必要がある場合も、便利ですね。

またビル7Fには貸し会議室「フォレスト会議室」もあり。6名用の通常の会議室から、14名の小規模セミナールームまで揃っています。

名称Open Office FOREST
住所東京都豊島区東池袋3-7-9 AS ONE 東池袋ビル3F
交通「池袋」駅東口より徒歩7分
※JR(山手線・宇都宮線・高崎線・埼京線)、東武東上線、西武池袋線、東京メトロ(丸ノ内線・有楽町線・副都心線)
営業時間平日9:00~22:00、土日10:00~20:00
※祝日・年末年始・夏季・GWなど定休日あり
プラン
料金例
●月額会員レギュラープラン:月額9,900円
6か月以上継続利用、法人登記・住所利用はプラス6,000円

 

●月額準会員ナイト&ホリデイプラン:月額10,000円
平日18時以降・土日のみ

●ドロップイン(1日利用)
1時間450円~、1日1,800円、平日10:00~22:00(土日祝は利用不可)

設備無線LAN・複合機・電源・フリードリンク・文房具・OA用品・会議室など

>>Open Office FOREST(オープンオフィス フォレスト)の公式HPはこちら

Basis Point(べーシスポイント)池袋店

池袋駅からすぐの超好立地にあるコワーキングスペースです。オフィス内は広々としており、一人一人のスペースもゆったり。資料やパソコンを広げても、周囲に気を遣うことなく作業できるのがうれしいですね。

残念ながらフリードリンクサービスはありませんが、ミネラルウォーターや缶コーヒーなどが1本50円からという格安料金で販売されています。Basis Pointは池袋のほかに、新橋・五反田・神保町にも店舗があります。すべての店舗を使うことができる月額プランもあり。どの店舗も仕事環境はとても良いので、移動の合間の時間を有効に使いたい人は検討の価値ありですよ!

名称Basis Point(べーシスポイント)池袋店
住所東京都豊島区南池袋1-24-6 深野ビル4F
交通JR「池袋駅」東口より徒歩1分
営業時間平日8:00~22:00、 土日祝10:00~22:00
プラン
料金例
●月額会員 フルタイム:17,500円、営業時間内いつでも
●月額会員 平日フルタイム:13,500円、平日8:00~22:00
●月額会員 平日夜/土日祝:13,500円、平日17:00~22:00・土日祝10:00~22:00
●ドロップイン(1日利用):30分200円、1時間600円、1日2,000円
設備無線LAN・全席電源・複合機・文房具貸し出し・文房具販売・名刺アプリ「Eight」スキャン・会議室など

>>Basis Point(べーシスポイント)池袋店の公式HPはこちら

パセラのコワーク サテライト池袋店

こちらはコワーキングスペースながら、会話や携帯電話での通話をNGとしている半個室スペースが充実しているのが特徴です。とにかく集中して仕事をしあげたい人にとっては絶好のスポット。

池袋駅から近いうえに、「Echika池袋」C6出口より徒歩15秒という悪天候の日もアクセスしやすい立地です。平日の昼間しか利用できませんが、フリーランスの仕事場として、また移動の多い会社員のサテライトオフィスとしても便利ですね。

打ち合わせで会話をする必要がある場合は、フリースペースや会議室を使えばOK。「バリのリゾート風」をイメージとしている店内は、落ち着いた内装で居心地がいいですよ!

さらに、ワンコイン(500円)で食べられるランチメニューもあり。マンスリーランチ会員は月額料金にランチ代が含まれているので、お得感いっぱいですね。もちろんドロップインの利用者も、ランチオーダーできます。月額会員の契約期間は最低6か月から。法人登記・住所利用はできません。

名称パセラのコワーク サテライト池袋店
住所東京都豊島区西池袋1-21-9 パセラ池袋ビル
交通各線「池袋駅」より徒歩5分以内(「Echika池袋」C6出口より徒歩15秒)
営業時間平日9:30-17:00
プラン
料金例
●マンスリーランチ会員:料金13,000円、ランチ付き
●フルタイムマンスリー会員:料金10,000円
●ドロップイン(1日利用): 3時間1000円、1日1,500円
設備無線LAN・複合機・会議室・フリードリンクなど

>>パセラのコワーク サテライト池袋店の公式HPはこちら

勉強カフェ 池袋スタジオ

「勉強カフェ」の名前のとおり、集中してインプットしたい人に特におすすめ。座席はフリーアドレスですが仕切りのあるブース席もあり、自分の世界に浸って作業や勉強に没頭できます。利用者は会社員がもっとも多く、個人事業主がそれに続きます。もちろん仲間と交流できるスペースもあるので、情報交換し、共に成長できる空間です。

多彩な月額会員プランが用意されているので、無駄なく利用できるのが特徴的。利用する時間帯や回数に合わせて最適なプランを選びましょう。1か月単位でプラン変更や休会もできます。迷ったらスタッフに相談!ビル1階には佐川急便が入っているので、初めて行くときは目印にしてください。

名称勉強カフェ 池袋スタジオ
住所東京都豊島区南池袋2-19-4 南池袋ビル2F
交通JR山手線・西武池袋線・東武東上線他「池袋駅」より徒歩6分
東京メトロ有楽町線「東池袋駅」より徒歩6分
営業時間平日10:00-23:00、土曜日10:00-22:00、日祝10:00-21:00
※最終受付はそれぞれ閉店1時間前まで。年末年始は休み
プラン
料金例
●月額会員 フルタイム:料金16,480円、営業時間内いつでも利用OK
●月額会員 ウィークデイ:料金10,480円、平日10:00-23:00
●月額会員 ナイト:料金8,800円、平日17:00-23:00
●ドロップイン(1日利用): 1時間500円、1日2,500円
設備無線LAN・電源・プリンター・フリードリンク・各種備品貸し出し・有料ロッカー・会議室など

>>勉強カフェ 池袋スタジオの公式HPはこちら

CoMaMoRi(コマモリ)

こちらは小さなお子さんがいるフリーランスや個人事業主に、ぜひ知ってほしいコワーキングスペース。子供連れOKで、保育士による保育補助サービスを利用しながらお仕事をこなすことができます。また子供を一時的に預けて、クライアント訪問などの外出仕事もできます。

座席は6席しかありませんが、目が離せない年齢の子供がいるママ必見。食事やおむつ替えは基本的にママが行いますし、子供の姿がいつも確認できるような位置にデスクがあるので安心ですね。最寄駅は西武池袋線「椎名町駅」で、「池袋駅」のお隣です。

名称CoMaMoRi(コマモリ)
住所東京都豊島区南長崎2-5-2 コレクティフイリデッサン101 CoMaMoRi
交通西武池袋線「椎名町駅」より徒歩8分
大江戸線「落合南長崎駅」より徒歩8分
営業時間09:00~17:00(土日祝は休業)
プラン
料金例
●月額会員 ホワイト会員:60,000円、1日2時間以内の外出・月1回の4時間以内の外出は無料、それ以上は1時間1,000円
●月額会員 グリーン会員:80,000円、外出時の追加料金なし
●ドロップイン(1日利用):1時間500円
設備無線LAN・電源・プロジェクター・ホワイトボード・ロッカー・ミシン・手芸用品・電子レンジ・冷蔵庫・ミニキッチンなど

>>CoMaMoRi(コマモリ)の公式HPはこちら

ワンストップビジネスセンター池袋

ワンストップビジネスセンター池袋は豊島区東池袋アドレス、JR池袋駅東口より徒歩3分のバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスなので実際のワークスペースは用意されていません。なのでこれから起業される方や、普段の作業場所として自宅やカフェを使っていて、名刺やHP、登記などの対外的な部分での住所があればよいという方向け。

月額4,800円~の料金で郵便転送や03電話番号の付与、電話転送・電話対応代行なども用意されています。またワークスペースは用意されていませんが会議室がありWEB予約の上、利用可能です。会員はワンストップビジネスセンターが運営する全国に広がる会議室を利用できます。使い勝手のよい会議室なので打ち合わせやちょっとしたセミナー・対面コンサルティングなどでも活用できそうです。

名称ワンストップビジネスセンター池袋
住所東京都豊島区東池袋1-17-11
交通JR池袋駅東口より徒歩3分
営業時間平日・土日祝:9:00-23:00(※会議室の利用可能時間)
プラン
料金例
●エコノミープラン:月額4,800円
住所+郵便 ほか

 

●ビジネスプラン:月額8,900円
住所+郵便+電話転送+共用FAX ほか

●プレミアムプラン:月額14,800円
住所+郵便+電話秘書代行+共用FAX ほか

設備無料ドリンク、スナック類、無線LAN、モニターなど(※会議室の設備)

>>ワンストップビジネスセンター池袋の公式HPはこちら

>>ワンストップビジネスセンター池袋の体験記はこちら ※実際に利用した詳細レポ!

池袋のPick Upコワーキングスペース

リージャス池袋

池袋コワーキングスペース_リージャス池袋
池袋駅のシンボルタワー「ダイヤゲート池袋」5階のコワーキングスペース。池袋駅目の前に位置する一等地であり、交通アクセスは池袋駅徒歩1分。会員は池袋以外の拠点も利用可能。

>>リージャス池袋の詳細はこちら
>>リージャス池袋の問い合わせ・最新キャンペーン情報はこちら

THE HUB 池袋 SOUTH

池袋レンタルオフィス,シェアオフィス_THE HUB 池袋 SOUTH
JR・西武池袋・地下鉄各線「池袋駅」から徒歩1分。月額11,000円で7時~23時たっぷり使える格安コワーキングスペース。オプションで住所利用/法人登記も可能
>>THE HUB 池袋 SOUTHの詳細はこちら
>>THE HUB 池袋 SOUTHの問い合わせはこちら

co-ba ikebukuro


JR「池袋」駅徒歩5分、東京メトロ「池袋」駅徒歩1分の好立地コワーキングスペース。月額プランは11,000円~用意されており、24時間365日使えるプランも僅か13,200円
>>co-ba ikebukuroの公式HPはこちら

池袋のコワーキングスペースまとめ

以上、今回は池袋のコワーキングスペースを紹介しました。

池袋は以前は治安の面でマイナスイメージも強く、住まいや、オフィスを構える場所としても少しためらう人もいました。しかし再開発により池袋周辺には高層ビルや高層マンションが誕生するようになり、街のイメージも少しづつ変わってきました。

池袋は新宿・渋谷と並ぶ東京の三大副都心であり、池袋駅は、JR(山手線・湘南新宿ライン・埼京線 )、東武東上線、西武池袋線、東京メトロ(丸ノ内線・有楽町線・副都心線)の8路線が乗り入れていることからも、もともと街のポテンシャルは相当高いものです。

ここ最近は池袋にはコワーキングスペースも続々と誕生しています。24時間いつでも使えるコワーキングスペースも増えており、池袋に住んでいる人や池袋の会社に勤めるビジネスマンはもちろんですが、電車で通勤する個人事業主、フリーランサーなどにも池袋のコワーキングスペースはおすすめです。

交通アクセスは抜群にもかかわらず、月額1万円程の料金で好きなだけ使えるコワーキングスペースもあるので、池袋はコスパに非常に優れたエリアと言えるでしょう。

池袋には大学や文化施設もあるので、学生の姿も多いです。そのせいか書店がたくさんあるのも特徴的。さらにラーメン激戦区でもあります。また豊島区が中心となって治安対策に取り組んできた結果、今ではよく住みたい街ランキングでトップ10に入っています。いろんな顔を持つ池袋の街のコワーキングスペースで、楽しみながらガンガン働いてみませんか?

池袋は複数の再開発プロジェクトが進行中!交通利便性も良いオフィスを構えるにはおすすめのエリア

池袋は再開発も進行中で近年、コワーキングスペースも増えてきたエリアですね!

池袋は、新宿・渋谷と並ぶ東京の三大副都心。人の流れが活発で、それだけビジネスチャンスも多いエリアです。その中心となる池袋駅には、JR(山手線・湘南新宿ライン・埼京線 )、東武東上線、西武池袋線、東京メトロ(丸ノ内線・有楽町線・副都心線)の8路線が乗り入れています。

一昔前は主に埼玉方面から東京への玄関口というイメージが強く、埼玉エリアから流入する人が多かったようですが、今は横浜方面から集まる人も増えています。フリーランス交流会の開催地として池袋が選ばれることも多いようで、さまざまな人と出会い刺激をもらえる機会が多い街ともいえます。

池袋のコワーキングスペースと合わせて読みたい!別タイプのオフィスまとめ

コワーキングスペースはオープンスペースをフリーアドレスで利用するケースが多いですが、レンタルオフィスと呼ばれるタイプは個室を使えるプランを指すことが多いです。個室を中心に探してみたい、という方は以下の記事も参考にしてください。

池袋のレンタルオフィス・シェアオフィスまとめ

登記をメインにしたプランも用意されています。実際の仕事スペースは使えませんが登記に特化しているため、月額5,000円前後ぐらいの格安の料金で対外的なオフィス拠点を確保することができます。これから起業する人でコストをギリギリまで抑えたい方や副業で自宅以外の住所が必要な方にピッタリのプランです。ビジネスアドレスとしても信頼性の高い「東京都豊島区池袋」の住所で登記可能できます。登記メインで探したいという人は以下の記事を参考にしてください。

池袋のバーチャルオフィスまとめ

池袋周辺エリアにも広げてコワーキングスペースを探す人はこちら

大塚のコワーキングスペースまとめ

-池袋コワーキングスペース