シェアオフィスとは?【月額1万円】の格安オフィス。利用者はどんな人? | 【オフィスサーチ.biz】

【オフィスサーチ.biz】

東京のレンタルオフィス・コワーキングスペース・シェアオフィス・バーチャルオフィスを紹介。東京で個室・格安・住所登記可の賃貸オフィス

シェアオフィスとは?

      2017/05/03

>>【1日無料体験で使い勝手を試せる】月額2万円台~の個室レンタルオフィスやコワーキングスペース、駅近一等地、会議室、wifi、フリードリンク完備

シェアオフィスは1つのスペースを複数社でシェアするオフィス形態で、料金が安いのが魅力

一般的な賃貸オフィスが1社占有でのオフィス契約なのに対し、シェアオフィスは、複数の入居者で1つのスペースをシェアします。シェアオフィスのコンセプトとして文字通り、オフィスをシェアすることなのですが、レンタルオフィスやコワーキングスペースと”シェアオフィス”との区分が曖昧で、同じオフィスでも、人によってはレンタルオフィスやシェアオフィスと言ったり、あるいはコワーキングスペースと言ったりします。ただシェアオフィスと呼ばれているものは大きく以下の2つに分かれるようです。

①入居者は法人が多く、専用の執務スペースで区分けされている(=レンタルオフィスの特徴に近い)
②入居者は個人が多く、フロア内には間仕切りがなく、10名ぐらいで座れる長テーブルや、数名用のテーブルが置いてあり、
 自由に使える。内装はカフェのような雰囲気(=コワーキングスペースの特徴に近い)

またこの2つの特徴がミックスされたパターンもありますが、以下、このサイトでは、主に②の用途をシェアオフィスとして取り上げます。

どんな人が使っている?

webデザイナーや、ライターなどのフリーランスの方や、起業して間もない1人会社の代表、またサラリーマンの方が会社と自宅とは別に第三のサードオフィスとして持たれたりする場合が多いようです。

料金プランは?

利用用途に合わせていくつかのプランが用意されています。例えば、平日限定、土日祝日限定、夕方から夜だけなど。

また登記の有無や、ロッカーの使用有無などによっても価格が変わってきます。会議室がある場合は、1時間あたりいくらという時間貸しのタイプや、予め月額の料金内に一定の時間分が含まれている場合もあります。

シェアオフィスは運営企業によって、それぞれオフィスの雰囲気が違います。これは実際にその場所に滞在してみてはじめて分かる(感じる)ものです。契約した後に、雰囲気が合わない、ということにならないように、まずは、ワンデイプラン(1日プラン)などで雰囲気を実際に体験してみるのおすすめします。

 - 用語、メリット・デメリット

  一緒にこんな記事も読まれています

コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースとは? 様々な業種、年齢の人々が同じ場所に集まり、仕事をする …

サービスオフィスのメリット・デメリット

最近増えてきた「サービスオフィス」。そのメリット・デメリットは? 今後レンタルオ …

サービスオフィスとは?

サービスオフィスは場所というハード面だけではなく、受付対応やお茶出しなどのソフト …

レンタルオフィスのメリット・デメリット

レンタルオフィスのメリット・デメリット 独立したばかりの起業家のオフィス賃料削減 …

レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスは独立起業間もない個人事業主や一人社長、少数企業に最適 業務に必 …